ブランディングサイトを作るうえで重要な事

ブランディングサイトを作るうえで重要な事

ブランディングサイトを考える場合に、まずは「ブランディング」という言葉に理解しておきましょう。身近にある言葉で近いものが「ブランド」です。では、ブランドとは、どういったものでしょうか?
 
メーカーが競合他社と自社の製品やサービスと差別化する目的で、製品やサービスに独自の名前をつけたりロゴマークをつけたりします。またデザインやキャッチコピーを考えて、売り出しています。簡単に言えば、販売されている全てのものが「ブランド」であるのです。
 

「プライベートブランド」と「ナショナルブランド」は、どう違うのでしょうか?

 
プライベートブランドは、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの小売業者が、売り出したい商品を企画・開発をして、メーカーに発注し、自社ブランドとして販売しているものです。
一方のナショナルブランドは、有名なメーカーが企画・開発・製造して小売り業者に卸している商品を言います。
 
 
  • ブランドは、マーケットに存在する全てのものを指している言葉です。
 
例えば「ブランド」としてイメージするのは、ファッションブランドではないでしょうか?高額な商品を思い浮かべます。ノーブランドならば、有名でないブランドなわけです。本来、ブランドはマーケットに存在している言葉であるにもかかわらず、高級ブランドをイメージする傾向にあります。
 
「高価」「上質」「憧れ」などのイメージが「ブランド」なのです。こういったブランドは、自分でも購入意欲を刺激されますし、プレゼントされてもうれしく思います。
 
私達がうれしく感じる理由は、「ブランド」に価値がある商品だというイメージを持っているからです。このことが、今からご紹介する「ブランディング」そのものです。消費者に「価値あるブランドであるイメージを持って頂くこと」がブランディングです。
 
 
  • 消費者はどういった品物が価値あるブランドと思うのか?
 
一人ひとり、価値の感じ方は違います。例えば、自分が必要なものが価値あるものと考える場合もあります。自分が好きなものや、自分の欲望を満足させてくれるものが価値あるものととらえることもあります。
 
お買い物にでかけたときに、店舗には多くの商品が並んでいます。その中で、どれを購入しようかと迷うでしょう。購入する場合に参考にするのは、例えばコマーシャルがあります。また、パッケージなのかもしれません。
 
パッケージに、どういった効果があるのかが記載されていると、決め手になりやすいです。テレビコマーシャルや価格表示が決定要素のなることもあります。さまざまな情報によって、その商品の内容を伝えてイメージを消費者に与えています。頭に、その商品のイメージが浮かぶこと……それが「ブランディング」の本質です。つまり、イメージが浮かぶこと(ブランディング)によって、さまざまなブランドから、ユーザーにチョイスしてもらうブランドになっていくことなのです。
 
 
  • 「ブランディング」によってファン層を構築し、他社に勝てるブランドに育てることができます!
 
ファッションブランドを考えてみましょう。洋服・バッグ・靴などをコーディネイトする場合に、ついついブランドを考えて購入する場合もあります。趣味嗜好や「こだわり」に一致したものは、満足度も高くなります。「これには、ちょっとお金を出すよ!」とか「ここのブランドならば欲しいな」と思わせるならば、価値がある商品になるのです。
 
デザインがお洒落だったり、コストパフォーマンスが良かったり、自分の魅力や自信をサポートしてくれたり……お気に入りのブランドは、購入するユーザーには価値があります。
 
ユーザーは自分にとって価値のある「ファン」になります。新作を店舗やオフィシャル・ウェブサイトでチェックします。Facebookや会員になって最新情報を集めたくなります。こうして同じ商品を購入している客層もいます。
 
「ファン」になったコアユーザーは、そのブランドが持っている魅力を、他の人に言いたくなります。企業の宣伝広告効果だけではありません。「ファン」がブログやInstagram(インスタグラム)で発信するクチコミも、ブランドの売上に貢献しています。
 
ステキなコーディネイトを目にしたら、同じ服が欲しくなります。オンラインショップで購入する場合を考えてください。そこに掲載されているクチコミや★の数を参考にします。
 
このように「ブランディング」はマーケットでユーザーに選んで頂くことと、ブランドのファンになってもらうことに不可欠な活動です。地道なブランディングで「ファン」が増えてくれば、ベストセラー商品・ヒット商品になります。マーケットで他社に勝てる「ブランド」に成長します。ブランドサイトを制作する場合は、こういったブランディングの意味を知らないと失敗します。

ブランディングサイト

ブランディングサイト 制作